相撲観戦記 平成22年 秋場所


総括

今場所も白鵬は相変わらず強かったですが、それ以外では栃煌山の成長が著しい場所でした。正直8勝できればいいほうだと思っていましたが……引かれても足がそろわず落ちにくくなり、前に出る圧力も増したように思います。

逆に心配なのは稀勢の里。右上手の取れない魁皇に完全に力負けしていました。魁皇が実力者だというのは分かりますが、さすがにあれではちょっと悲しくなります。

久しぶりに上位に戻った高見盛は4勝しかできず。今場所は深く差されて万歳するシーンが多く、ちょっと気がかりです。

過去に安田大サーカスHIROに負けたことのある琴春日は幕内初の勝ち越し。臥牙丸戦の圧力のそらし方は見事でした。

若天狼と寶智山はどちらも負け越したもののそれぞれ7勝、6勝と思っていたよりも健闘してしました。大負けするとかほざいてすいませんでした。


八日目

旭南海(上手捻り)栃乃洋 栃乃洋が左を差し、起こしながら前に出るが旭南海は下がりながらも右上手から捻り転がした。栃乃洋はもっとじっくり腰をすえていくべきだったのでは。

豪風(突き落とし)臥牙丸 臥牙丸が捕まえようとするが豪風動き回る。それでも臥牙丸は手を伸ばして右上手を引くが、豪風は左から筈で起こして押し込みながら右上手を切り、左から掬い投げ気味に突き落とした。 

木村山(突き落とし)嘉風 木村山が突き放そうとするが嘉風下がらず左の前回しを引く。しかし嘉風が喜んで前に出ようとしたところを木村山は上から押しつぶすように突き落とした。嘉風は廻しを一旦引いた時点で一度止まるべきだったか。

鶴竜(寄り倒し)時天空 鶴竜踏み込んで深く右差し、左上手も取ると粘る時天空を寄り切った。鶴竜には理想的な相撲だったのではないか。

琴欧洲(寄り切り)阿覧 琴欧洲が立合いすぐに左上手、阿覧も一瞬両差しになりかけるが琴欧洲が巻き変えて右を差すと下手を引いて吊りよりきった。

白鵬(掬い投げ)旭天鵬 白鵬すぐに左四つ右上手、旭天鵬に上手を与えずに出て行くが攻めきれない。その後思わず放った右上手投げで旭天鵬を一瞬呼び込み、さらに左を巻きかえられるがすぐに再び巻き返して左四つになると、旭天鵬が右上手に手を伸ばしたところを左から掬い投げた。


四日目

木村山(引き落とし)北勝力 北勝力が手を伸ばして出て行くが木村山が右に体を開いて引き落とし木村山は幕内定着なるか。

武州山(寄り倒し)土佐豊 武州山が突っ張って前に出ながら左を差し、左を返しながら右上手を取って寄る。土佐豊は土俵際でうっちゃろうとするが武州山が差し手で押しつぶすように寄り倒した。土佐豊は相変わらず胸を出していた。

旭天鵬(寄り倒し)白馬 旭天鵬がすぐ左上手、白馬が回りながら上手を切ろうととするが、旭天鵬は上手を話さず寄り倒し。

栃煌山(突き出し)鶴竜 鶴竜が先手を取って出て行くが栃煌山は頭を下げて反撃。鶴竜が思わず引いたところを突き出した。

琴欧洲(寄り切り)栃ノ心 琴欧洲が左に変わりながら左上手、すぐに出て寄り切り。琴欧洲は一番安全な勝ち方を選んだように思えた。

魁皇(寄り倒し)時天空 魁皇が立会い左を浅く差し、すぐにねじ込むと、時天空が右を巻き変えようとするがそれを許さず、右上手を取ってより倒した。


初日

土佐ノ海(はたき込み)旭南海 旭南海突っ込むも土佐ノ海ががひいて叩いてで勝利。後半息切れする土佐ノ海は前半で白星を稼いでおきたいところ。

臥牙丸(寄り切り)垣添 臥牙丸のつきをかいくぐって垣添中に入るが、再び離れてから臥牙丸右上手を取り、そのまま寄り切り。

春日王(寄り切り)蒼国来。中国VS韓国。春日王一気の寄りに蒼国来何もできず。

霜鳳(寄り切り)北勝力 霜鳳右四つに捕まえて夜が一旦残され左上手を取られる。しかし猛一度上手を切って寄り切り。一度でより切れないところを見ると、霜鳳は本調子ではないのかも。

黒海(掬い投げ)土佐豊 土佐豊が変わって右上手を取るも黒海が下がりながら掬い投げで逆転。土佐豊はちょっと上手が深かった。

栃ノ心(寄り切り)阿覧 阿覧突っ張るも栃ノ心が上手く避けてすぐに右四つ。両者両まわしを引いての熱戦。栃ノ心の吊りを何度もしのいで反撃に出ようとした阿覧だが、体を入れ替えられてより切られた。

日馬富士(下手出し投げ)稀勢の里 稀勢の里が力で押し込むが日馬富士葉上体を上げず右前褌を取ると左でも前褌を取って寄り返し、稀勢の里が俵につまったところを最後は左で捻りながらの右下手出し投げ。


場所前

幕内

今場所も幕内では白鵬有利は揺るがないところでしょうが、先場所は何番か危うい相撲もあったので大関陣もあきらめなければチャンスはあるでしょう。

魁皇に関してはもうよく分かりません。過去に何度も今場所こそ引退と思わせておいては角番を脱出してきた経緯があるので今場所も大丈夫なような気もするし、それが逆に危ない感じもするしでなんともいえないので考えることをあきらめました。

それよりも見所は本来入幕出来る成績じゃないのに幕内に上がっちゃった土佐ノ海、豊桜、旭南海あたりではないでしょうか。正直三人とも正直幕内で勝ち越すだけの実力はないと思いますが、どこまでやれるかが見ものです。

十両

雅山、豊ノ島、豊響、豪栄道らによるかつてないほど高レベルな優勝争いが展開されることは間違いないでしょう。
個人的な予想では豪栄道が14勝、豊ノ島が12勝、雅山が11勝、豊響が10勝はすると思います。

その分彼らと立て続けに対戦させられる若天狼、寶智山当たりが「ワリ」を食う事なりそうです。二人とも番付上は入幕のチャンス(特に若天狼は新入幕)なのでがんばって欲しいですが、やはり実力的には厳しいと思います。


トップページに戻る

相撲観戦記に戻る