大相撲勝ち星予想 平成21年 秋場所

予想 結果
琴欧洲 12勝3敗 先場所のように落ち着いて取ればコレくらいはいけるはずです。 9勝6敗 前半は完璧に近い内容でしたが、後半は頭を下げすぎて墓穴を掘るシーンが多かったです。
稀勢の里 8勝7敗 下位への取りこぼしさえなければ2桁いけると思うので、上位戦を終えた後半が焦点になりそうです。 7勝8敗 番付が下の鶴竜や栃ノ心に負けたのは痛かったです。右の脇の甘さを何とかせねば。
把瑠都 9勝6敗 足の運びにまだ若干の不安があるような気がしますが、実力はあるので勝ち越すぐらいは出来るはずです。 12勝3敗 今場所は無理やり引っ張り込んだり肩越しに上手を取る強引な相撲が減り、突っ張りも冴えていました。
翔天狼 3勝12敗 今場所の最多黒星候補。 2勝13敗 白鵬を破った一番だけの左おっつけは見事でした。
高見盛 7勝8敗 ここの所やたら7−8が多いので。 6勝9敗 よく調べてみたら多いのは7−8ではなく6−9でした。
栃乃洋 9勝6敗 さすがにこの番付では勝ち越す力があると思います。というか、勝ち越さないとまずいです。 4勝11敗 最近は左を差しても勝てなくなってきました。右の上手を取る相撲をそろそろ習得してもいいのでは。
嘉風 10勝5敗 敢闘賞受賞以来4場所連続負け越し。そろそろ流れを反転させないといけません。 9勝6敗 今場所はまずまず体が良く動いていました。

相撲観戦記に戻る

トップページに戻る