平成24年名古屋場所

番付

 東 地位  西 
白鵬  横綱
稀勢の里  大関 琴奨菊
把瑠都  大関 日馬富士
琴欧洲  大関 鶴竜
豪栄道  関脇 栃煌山
妙義龍  小結 豊ノ島
旭天鵬  前1 安美錦
碧山  前2 隠岐の海
若荒雄  前3 松鳳山
栃ノ心  前4 豪風
阿覧  前5 高安
豊真将  前6 翔天狼
臥牙丸  前7 豊響
嘉風  前8 魁聖
雅山  前9 時天空
玉飛鳥  前10 宝富士
玉鷲  前11 北太樹
佐田の富士  前12 隆の山
大道  前13 舛ノ山
栃乃若  前14 若の里
寶智山  前15 千代大龍
 前16


朝赤龍 十1 旭秀鵬
天鎧鵬 十2 皇風
木村山 十3  磋牙司
双大竜 十4 旭日松
芳東 十5  富士東
北勝国 十6  高見盛
黒海  十7 琴勇輝
北播磨  十8 土佐豊
大岩戸  十9 常幸龍
鳰の湖  十10 徳勝龍
千代の国  十11 千代鳳
徳真鵬  十12 鬼嵐
政風  十13 益荒海
貴ノ岩  十14 誉富士


琴禮  下1 
寺下  下2 里山
勝誠  下3 武州山
荒鷲  下4 肥後ノ城
山口  下5 城ノ龍
栃矢鋪  下6 東龍
鏡桜  下7 藤本
千代丸  下8 竜電
亀井  下9 華王錦
海龍  下10 栃飛龍

青字が予想的中です。

正解率

幕内 14/42
十両 11/28
幕下上位 2/20

まさかの旭天鵬平幕据え置きで小結二人。優勝力士が平幕に据え置かれるのは昭和36年5月に西前頭13枚目で12勝3敗で優勝して、翌場所東2枚目に据え置かれた佐田の山以来なんだそうです。
でも今回はあげたほうがいいと思いますけどね、優勝抜きに平幕7枚目で12勝は三役に上がっても不思議じゃない成績だと思いますし。


相撲観戦記に戻る

トップページに戻る