平成23年 九州場所
番付

 東 地位  西 
白鵬  横綱
把瑠都  大関 日馬富士
琴欧洲  大関 琴奨菊
稀勢の里  関脇 鶴竜
豊ノ島  小結 豊真将
隠岐の海  前1 豪栄道
栃ノ心  前2 旭天鵬
阿覧  前3 臥牙丸
栃乃若  前4 栃煌山
北太樹  前5 嘉風
安美錦  前6 雅山
時天空  前7 豪風
翔天狼  前8 高安
若の里  前9 若荒雄
黒海  前10 富士東
豊響  前11 妙義龍
大道  前12 磋牙司
玉鷲  前13 朝赤龍
魁聖  前14 宝富士
松鳳山  前15 佐田の富士
碧山  前16 剣武
木村山  前17


天鎧鵬 十1 芳東
武州山 十2 舛ノ山
千代の国 十3  隆の山
玉飛鳥 十4 鳰の湖
土佐豊 十5  寶智山
旭秀鵬 十6  皇風
益荒海  十7 北勝国
城ノ龍  十8 琴勇輝
栃乃洋  十9 佐田の海
千代嵐  十10 高見盛
双大竜  十11 徳勝龍
玉乃島  十12 大岩戸
旭日松  十13 里山
 十14 千代桜


徳真鵬  下1  北園
北播磨  下2 阿夢露
明月院  下3 誉富士
鳥羽の山  下4 華王錦
栃飛龍  下5 飛天龍
荒鷲  下6 垣添
飛翔富士  下7 千代鳳
鬼嵐  下8 竜電
栃翼  下9 栃矢敷
濱錦  下10 若乃島

青字が予想的中です。

正解率

幕内 21/42
十両 11/28
幕下上位 5/20

東西の半枚間違いが多くて損した感じがありますが、特に大きなずれは見られませんでした。

幕内ではいよいよ琴奨菊が大関に昇進。新小結の豊真将にも注目です。平幕上位には旭天鵬、北太樹、臥牙丸など先場所大勝ちした力士が並びました。37歳の旭天鵬はともかく、あとの二人にとっては三役がかかった正念場となりそうです。

そして幕下では阿夢露がついに2枚目まで昇進。ひさしぶりの帰り十両を目指す幻の幕内力士・鳥羽の山も4枚目まで戻ってきました。要注目です。


相撲観戦記に戻る

トップページに戻る