平成23年初場所

番付

 東 地位  西 
白鵬  横綱
魁皇  大関 把瑠都
琴欧洲  大関 日馬富士
稀勢の里  関脇 琴奨菊
栃煌山  小結 鶴竜
豊ノ島  前1 安美錦
栃ノ心  前2 嘉風
阿覧  前3 玉鷲
豊真将  前4 徳瀬川
豪栄道  前5 朝赤龍
旭天鵬  前6 臥牙丸
豪風  前7 土佐豊
北太樹  前8 時天空
高見盛  前9 若の里
雅山  前10 白馬
翔天狼  前11 霜鳳
光龍  前12 猛虎浪
隠岐の海  前13 琴春日
若荒雄  前14 木村山
黒海  前15 豊響
蒼国来  前16 栃乃洋
豊桜  前17


魁聖 十1 旭南海
春日王 十2 栃乃若
高安 十3  境澤
武州山 十4 将司
宝富士 十5  城ノ龍
玉乃島 十6  若天狼
佐田の海  十7 佐田の富士
安壮富士  十8 大道
星風  十9 垣添
寶智山  十10 明瀬山
清瀬海  十11 芳東
北勝力  十12 鳰の湖
千代白鵬  十13 富士東
剣武  十14 舛ノ山


土佐ノ海  下1 
北播磨  下2 玉飛鳥
益荒海  下3 磋牙司
持丸  下4 旭秀鵬
 下5 碧山
荒鷲  下6 十文字
琉鵬  下7 直江
保志光  下8 華王錦
徳真鵬  下9 鏡桜
双大竜  下10 隆の山

青字が予想的中です。

正解率

幕内 11/42
十両 7/28
幕下上位 1/20

幕内では関脇の「7-8」のほうが幕内中位から下位の13〜14勝よりも優先的に小結に入れることがわかりました。あと、小結関脇は極力2人に抑えるという傾向も。

魁聖や旭南海が留め置かれる一方で栃乃洋や蒼国来が残ったことなども含めて考えると、最近はどちらかというと下げ優先になってきているのかもしれません。下げ優先はともかく、三役を二人に固定することに執着し過ぎるのはどうかと思います。番付運のよさだけで最高位関脇・小結を名乗れる人がいる一方、番付運が悪かったせいで最高位が前頭筆頭・2枚目どまりになる人も現れるのはのは気の毒ですし。

そして、土佐ノ海の引退でとうとう魁皇が最高齢関取になりました。40歳関取まであと10場所、1045勝まであと19勝。次の日本人大関が誕生するまで耐え切るのでしょうか?非常に楽しみです。


相撲観戦記に戻る

トップページに戻る