平成22年名古屋場所 

番付

 東 地位  西 
白鵬  横綱
把瑠都  大関 日馬富士
琴欧洲  大関 琴光喜
 大関 魁皇
稀勢の里  関脇 琴奨菊
白馬  小結 栃ノ心
栃煌山  前1 朝赤龍
阿覧  前2 安美錦
旭天鵬  前3 時天空
豪栄道  前4 北太樹
豊ノ島  前5 雅山
鶴竜  前6 豊響
若の里  前7 徳瀬川
若荒雄  前8 嘉風
霜鳳  前9 垣添
猛虎浪  前10 土佐豊
豪風  前11 高見盛
臥牙丸  前12 黒海
豊真将  前13 木村山
玉鷲  前14 隠岐の海
武州山  前15 北勝力
玉飛鳥  前16 翔天狼


琴春日 十1 磋牙司
岩木山 十2 大道
蒼国来 十3  将司
光龍 十4 清瀬海
玉乃島 十5  春日王
栃乃洋 十6  千代白鵬
境澤  十7 土佐ノ海
松谷  十8 徳真鵬
星風  十9 安壮富士
山本山  十10 春日錦
豊桜  十11 寶智山
魁聖  十12 旭南海
益荒海  十13 若天狼
上林  十14 佐田の海


佐田の富士  下1  剣武
普天王  下2 仲の国
隆の山  下3 前田
城ノ龍  下4 栃乃若
薩摩響  下5 宝富士
高安  下6 芳東
深尾  下7 富士東
阿夢露  下8 鳥羽の山
舛ノ山  下9 栃飛龍
大天霄  下10 海鵬

青字が予想的中です。

正解率

幕内 23/42
十両 17/28
幕内上位 5/20

大敗した玉鷲や黒海、1勝も出来ないまま途中休場した豊真将が思ったほど落ちていなかったのが以外でしたが、後はおおむね予想通りでした。幕下5枚目以内は過半数が関取未経験者で占められており、誰が抜けるのか見逃せない状況になっています。


相撲観戦記に戻る

トップページに戻る