ゴールその6



6 「る、ルイージさん、トイレどこ…」
「あ、あっちだ、早く、ほら」
「あ、ま、待って、走るとまずい、走るとまずいから……」
意外と平気そうに見えて、実はポポの堤防は決壊寸前だったらしい。それでもどうにかこうにかトイレに間に合わせることが出来た。
「いやあポポくん、間にあってよかったね…」
「うん………でもルイージさんひどいよ、もっと早くギブアップすることもできたのに……」
そういやそうだ。あなたはポポに詫びると、次にもっと楽しいところ連れていってあげるから、と約束した。
ここをクリックしてください。


スマブラ小説トップに戻る

トップページに戻る