ゴールその2



「おお、お見事です!それでは景品としてこちらの商品を差し上げます!」
彼はそういうとあなたたちにWiiを手渡した。
「え…もらっちゃっていいの!」戸惑うあなたをよそに、ポポたちは大はしゃぎしている。
「やったあ!これでマリオカートWiiで遊べるね!」
「そ、そうだね!マリオギャラクシーも出来るね!」
実を言うとあなたもWiiがほしくてたまらないのだが、彼らがあまりに嬉しそうなので、ここはひとつ譲ってやることにした。
「ほら、どうぞ」
「え、あ、うん!ありがとう!」
「いいんですか…?」
「うん、ほら、どうぞ」
「ありがとう!ルイージさんも一緒に遊ぼうね!」
振って沸いたようにいったんは貴方のものになったWiiは、結局貴方のものにならなかったが、二人の嬉しそうな笑顔を見ることができたのであなたは満足だった。
ここをクリックしてください。




スマブラ小説トップに戻る

トップページに戻る