41〜50




41 あなたは南にのみ道のあるところに立っている。北の壁にはタルがたくさん積まれている。南の道は2ブロック先で西への道と交わる三叉路になっている。南に行くなら38へ。また、この行き止まりに何か隠されていると思うなら、この辺をしばらく調査してもいい。その場合は43へ。




















42 あなたは北にのみ道があるところに立っている。北への道は2ブロック先で西に伸びる通路と交わる三叉路になっている。また、東の壁にはドアがある。
東のドアに入るなら44へ、北へ進むなら38へ。

























43 あなた達はしばらく壁を叩いたり、タルをあけたりしていたが、何も見つからない。それでもあきらめずに探し続けるなら45へ。南の三叉路に戻るなら38へ。
























44 あなたがドアを開けると、そこは……ゴールだった!
「おめでとうございます!」と、店員が口々にあなた達をほめたたえる。
「あ、ありがとうございます………」「どうも………」ポポたちは困惑気味だ。
「ところでお客様、この迷路の中で金のリングは見つけられましたか?」
あなたは金のリングをいくつ持っている?3つならゴールその1へ、2つならゴールその2へ、1つならゴールその3へ、0つならゴールその4へ。





















45 あなた達はさらに詳しく調べたが、やはりなにもない。それでもあきらめないなら43へ。あきらめて南に戻るなら38へ。

























46 ……性別の違うポポとアドレーヌの感性は一致するだろうか?さいころをひとつ振れ。1、2、3、4が出たら49へ。5か6が出たら50へ。
























47 ナナとアドレーヌは性別も同じだし、それに彼女は芸術的な完成が優れているから、正解を答えてくれるかもしれない。さいころをひとつ振れ。1,2なら49へ。3,4,5,6が出たら50へ。

























48 あなたはペイントゲームにも出たほどの男を兄に持つ男だ。これくらいの問題はたやすく解けるはずだ…さいころを1つ振れ。1が出たら49へ。2以上が出たら50へ。また、トイレの落書きを見たことがあれば50へ。


























49 「ネコ…?」
答えを聞くとアドレーヌは残念そうな顔になった。
「そっか………」
どうやらこの回答は彼女の望んだものではなかったらしい。ナナが心配そうに声をかける。
「あの……」
「あ、いいのいいのお姉ちゃん、気にしないで!私がまだまだ修行不足なだけだから!それより今日は来てくれてありがとう!よかったらまた来てね!」
そういうと彼女は手を振って西のドアから出るあなた達を見送ってくれた。あなたたちは彼女に改めていいのもを見せてくれてありがとうと礼を言い、この部屋から出た。へ。

























50 「…ハムスター!」その答えを聞くと、彼女の顔がぱあっと明るくなった。「ありがとう!分かってくれたんだね!」
彼女はとても喜ぶと、私の絵を理解してくれたお礼に、と手のひら大のなめらかな金のリングを1つ手渡してくれた。あなたたちは彼女に改めていいのもを見せてくれてありがとうと礼を言うと、西のドアから外に出た。へ。


スマブラ小説トップに戻る

トップページに戻る