1〜10



 あなた達は東と南に道がある場所に立っている。東は2ブロック先で北への通路と交わる三叉路になっている。南は大迷路の入り口であるので、貴方達は東へ進むことにした。へ。























 北と西と東に道のある三叉路に立っている。北は1ブロック先で西に折れている。西は2ブロック先で南に折れているように見える。東は3ブロック先で北に折れており、その曲がり角の東の壁にはドアがある。北に行くなら、東に行くなら、西に行くならへ。




















 あなたはこの迷路の中でサムスにあったことがあるだろうか?あるなら、ないならへ。


















 北と西に道のある角に立っている。北は2ブロック先で東西に伸びる通路と交わる十字路にぶつかっている。西は3ブロック先で北への通路と交わる三叉路になっている。また、東には木製のドアがある。ドアに耳を当ててみると、中からは小さくぶつぶつ言う声がした。ポポは「ドアの中の人に話を聞こうよ!」といっているが…西に行くならへ、北に行くならへ。東のドアに入るならへ。






















 一番前を歩いていたナナが、他の客にぶつかった。
「いたっ!あ、ごめんなさい……」尻餅をついたナナが座ったままぶつかった相手にわびる。その相手は……サムスだった。
「大丈夫?」サムスがナナに手を差し出す。ナナはありがとう、と小さく頭を下げるとその手をつかんで立ち上がった。それが済むとサムスはあなたにこう尋ねた。
「なんかこの迷路から脱出するヒントは見つかった?」あなたがさっぱり、と答えると、彼女はこう言った。
「私はひとつだけヒントを手に入れたわよ」
「なに?」
「ええと……確か…「爬虫類」だったかな」
「爬虫類?どういうことなの?」
「さあ、私にもこれ以上は良くわからないのよ………じゃあね、私もそろそろゴール見つけないと」
そういうと彼女は手を振ってどこかにいってしまった。なんだか良くわからないが、このヒントは良く覚えておくこと。へ。






















 あなたは西と南に道のある曲がり角に立っている。西への道は2ブロック先で北に折れている。南への道は1ブロック先で東西に伸びる通路と交わり、三叉路になっている。
西へ行くならへ。南へ行くならへ。














 あなたはこの迷路の中で絵描きの女の子にあったことがあるだろうか?あれば51、なければ81へ。













 あなたは十字路に立っている。北は3ブロック先で東西に伸びる通路と交わる三叉路になっていて、曲がり角のその北側の壁にはドアがある。西は2ブロック先で行き止まりになっているが、その行き止まりの北と南の壁にはドアがある。南は2ブロック先で西に折れていて、その曲がり角の東にはドアがある。東は2ブロック先で行き止まりになっているが、その行き止まりの南の壁にはドアがある。北に進むなら10、西に進むなら11、南に進むなら、東に進むなら12へ。

















 北と東に道のある曲がり角に立っている。北は1ブロック先で東に延びる通路と交わる三叉路になっている。東は2ブロック先で南に折れている。ナナがちょっと疲れたような顔をしているが、あなたが声をかけると、大丈夫です、と言ったので、あなたは気にしないことにした。
北へ進むなら13、東に進むならへ。















10 あなたはこの迷路でヨッシーに会ったことがあるだろうか?あるなら15へ、ないなら14へ。



スマブラ小説トップに戻る

トップページに戻る