アコギなのかリッパなのか/畠中恵

畠中恵さんの短編小説です。



現代ものとしては比較的珍しい政治家の議員事務所を舞台とした作品です。主人公・佐倉聖は政治家でもなければ政治家秘書でもなく、元大物政治家・大堂の事務所で働く事務員というのがみそで、彼から見た政治家という生き物、そしてそれを取り巻く環境が非常ユーモラスに描かれています。



政治家が一票を得るためにどのような雑事をこなしている(あるいは下のものにやらせている)のかがテーマであり、話のスケールはかなり小さいですが、それがかえって現実味を増しています。



作品のリアル感とは対照的に、主人公の佐倉聖は親に捨てられ若干21歳にして中学生の弟・拓を養いながら大学に通っており、頭も切れ機転も効くという超人です。大堂やその秘書・小原ともタメ口で軽口をたたき合っており、こんな21歳いねーよと思いました。



聖の有能さを考えれば元政治家の大堂のもとで働くより、独立して探偵か刑事にでもなった方がいいんじゃないかと思いましたが、大堂は聖とその弟・拓をなんだかんだで目にかけているらしい描写があちこちにあります。聖も憎まれ口を聞きながら、なんだかんだそれなりに楽しそうに働いています。聖は拓を養わなければいけない以上軽々に事務所を辞めるわけにはいかないという事情もあるのですが。



大堂を筆頭に登場する政治家は極端に悪く描かれているわけでもなく、さりとて聖人君子の政治家が登場するわけでもなく、どのメンツも非常に個性豊かで人間味にあふれています。まあ、実際に存在したらお近づきになりたくないような人もかなり多いですが……聖も有能ではありますが、元暴走族という設定を見るに私とは合わない人間なのだろうなと思いました。



まあ、この一冊を読んでの結論は「自分は政治の世界に向いてないんだろうな」ということで……。

Tweet


書評へ戻る

トップページへ戻る