スーパーマリオ3Dランド

スーパーマリオギャラクシー以来の3Dマリオです。DS以降の作品ではリメイクのスーパーマリオ64DSを除けば初の3D作品ですが……?

タヌキマリオが20年ぶりの復活

スーパーマリオブラザーズ3ではしっぽマリオの上位互換だった変身能力の「タヌキマリオ」が20年ぶりの復活を遂げました。と言っても、機能は大幅に制限されており、以前のように走ってから空を飛ぶということはできなくなっています。あくまでも滑空をゆっくりにするだけです。まあ、空まで飛べてしまうと強力すぎるので、この調整は当然だと思います。

良好な操作性とカメラワーク

さすがにマリオの看板を背負っているだけあって操作性は非常に良好です。はじめのうちはギャラクシーシリーズとの違いに戸惑うかもしれませんが、すぐになれます。カメラは原則として固定ですが、常に見やすい位置に移動してくれるのでこちらも快適です。

微妙に低い難易度

ニンテンドー3DSの操作性が考慮されているのか、難易度はスーパーマリオギャラクシー2スーパーマリオ3Dワールドと比べると若干低めです(時系列的には3Dワールド)のほうが後ですが。1コース当たりの長さも短めで、普通にプレイしているだけでどんどん残機数は溜まっていきます。最終ステージには近年の3Dマリオではおなじみの高難易度ステージも用意されていますが、ここもしっぽさえあればそれほどのものではありません。1回のミスも許されないマスターオブギャラクシーなどと比べるとはるかに簡単です。

微妙に少ないボリューム

これも携帯機の宿命か、ボリュームもスーパーマリオギャラクシー2スーパーマリオ3Dワールドと比べるとかなり貧弱です。一応裏面のようなものもありますが、ステージ構成は基本的に表面の焼き直しであるため無理やり増やした感が強いです。前述のとおり1ステージの長さも短いので、あまり長くは楽しめないかもしれません。裏を返せば全クリも苦にならないということでもありますが……

前作の偉大さは越えられていないが、面白い

携帯機ということでいろいろと見劣りする部分はあり、スーパーマリオギャラクシーとは方向性も違いますが、サクッと遊ぶ分には楽しい作品です。

Tweet



トップページへ戻る

ゲームレビューへ戻る