星のカービィ 参上!ドロッチェ団

星のカービィシリーズ第9弾です。従来のカービィシリーズと基本は変わりませんが、コピー能力やアイテムを5つまでストックすることができるなど、新しい要素もあります。



ストーリーは非常に単純で、カービィの目の前から突然イチゴのケーキが消えてしまったので、それを探すというだけです。ケーキのために命をかけて世界中を駆け回るカービィの食に対する執念は見上げたものです。道中にも食べ物いっぱい落ちてるのにね。



アイテムストックがきくことからもわかるように、難易度は低いです。前作の鏡の大迷宮が複雑&高難易度であった反省からか、アクションゲーム初心者でも問題なくクリアできる作りになっています。若干ボリューム不足なこともあり、かえって歯ごたえのなさを生んでいる感は否めませんが、入門編としては最適です。グラフィックは非常にきれいです。



が、この作品では相変わらずデデデ大王の扱いが悪いです。出演できている分だけ鏡の大迷宮よりはましですが、1面ボスという扱いはちょっと……マリオにクッパがいるように、カービィにはデデデ大王がいるのですから、もう少し扱いを良くしてほしかったというのが正直なところです。



あと、いくらなんでもラスボスのダークゼロは弱すぎる気がします。カービィシリーズのラスボスの癖に第二形態すらないという貧弱さ、攻撃範囲は狭く攻撃パターンも多くなく、シリーズ最弱といっても過言ではありません。



鏡の大迷宮から続くアイテム集めは相変わらず楽しいです。カービィを好きな色にカラーリング出来たり、イラストを集めたり。停止画面の能力説明は相変わらずぶっ飛んでいます。



トルネイド強い!
さて、カービィシリーズといえばコピー能力。今回のコピー能力はトルネイドが非常に強いです。今作のボスたちはデデデ大王とダークゼロを除いては攻撃が多段ヒットするため、トルネイドならば簡単に大ダメージを与えられます。技の出始めと出終わり以外は無敵という仕様なため、攻撃を食らいそうになったときに繰り出せばノーダメージで安全な場所に脱出することもできます。



その他、遠距離攻撃ができ扱いやすいユーフォー、横移動能力が強化されたハイジャンプもかなり強力です。これ以外の能力で勝ち抜きボスバトルに勝つのは至難の業です。特にエンジェルは火力がなさすぎ、メタルは中ボス以上には変身が解除されると踏んだり蹴ったりです。


全体的に初心者向けではありますが、もともとカービィが初心者向けのゲームであることを考えれば、まあ佳作〜良作の範囲に収まる作品だと思います。

Tweet


トップページへ戻る

ゲームレビューへ戻る