マリオ&ルイージRPG3!!!

マリオ&ルイージRPGシリーズの第三弾です。キノコ王国で突然流行りだしたメタコロ病。突然体がゴムまりのように丸くなってしまう奇怪な病気です。事態を重く見たピーチ姫らは会議を開きますが、そこにいつもの通りクッパが乱入。マリオ兄弟に倒されて引き下がったクッパでしたが、謎の怪しい商人に奇妙なラッキーキノコなるものを渡されます。

これを食べればパワーアップが出来ると聞かされたクッパ。さっそくキノコを食べたのですが……

舞台は再びキノコ城。クッパは会議に舞い戻り、ラッキーキノコのパワーでマリオたちを吸い込んでしまいます。その後クッパは気絶し、ゲラコビッツなる男から指令を受けたメタボスに連れ去られてしまいます。

マリオ達はクッパの中で吸い込まれたピーチ姫を捜しつつクッパの体内からの脱出をもくろみます。一方クッパは自分の城を奪い取ったゲラコビッツを倒すための旅に出ますが……

本作の主人公はマリオ、ルイージ、そしてクッパです。マリオはクッパの体内を動き回って筋肉に刺激を与えたり、気絶したクッパを起こしたりして、クッパの大冒険をサポートします。いわば3人の協力プレイですね。ただしクッパはマリオたちを吸い込んだことを覚えておらず、腹の中で得体の知れないものが騒いでるぐらいの認識しかありません。

クッパが水を飲むことによって体内が水で満ち溢れ、届かないところに手が届く用になったり、冷気を吸い込むことによってフィールドをふさぐ火が消えるなど、双方の行動が互いに影響を与えあうのが特徴です。状況に応じてマリオ側とクッパ側で捜査を切り替えるのがクリアのコツです。 

クッパの体内にはなぜか土管があり、ゲーム中盤になるとそこから体外へ脱出することも可能です。しかしマリオとクッパが直接開講することはゲーム終盤までほとんどなく、互いにバラバラに行動することになります。ただ、最後はクッパがラスボスと対峙し、体の中でマリオたちがそれをサポートするという胸熱展開が待っています。

同シリーズの多彩なアクションはあいかわらず健在で、バトルではいろいろなコマンドを用いて攻撃することが出来ます。バトルアクションはなれるまで難しいですが、慣れればそれほどでもないという丁度いい難易度になっています。低レベルクリアも可能な反面、アクションが苦手な人はレベルを挙げてごり押しすることも可能なので、全体的な難易度は優しいと言えるでしょう。一方でいわゆるボスバトルの再戦などやりこみ要素も充実しており、うまい人はそちらを楽しめます。

このゲームの最大の魅力はクッパを操作できることです。これまで主人公になることはほとんどなかった彼の雄姿をこれでもかというほど拝むことが出来ます。パンチと炎を中心としたパワフルなアクション、意外と部下思いな性格、傲慢不遜な態度、意外と間抜けな部分もあり……と、とにかく魅力たっぷりです。

ストーリーも王道といえばそれまでですが、最終戦闘の協力プレイはかなり来るものがあります。クッパ様ファンならば間違いなく「買い」です。

Tweet


トップページへ戻る

ゲームレビューへ戻る