BIG


WOK



 あなたは右手の甲に金貨を乗せて呪文を唱えた。するとたちまちあなたの右手首の回りに目に見えない直径1mほどの 金属製の盾が現れた。続いてあなたは左手の甲に金貨を乗せて呪文を唱えた。すると今度はあなたの左手首の回りに目に見えない直径1mほどの金属製の盾が現 れた。あなたはこの二つの盾をシンバルの代わりに使うことができる。思う存分演奏するがいい。

 あなたは手の甲に金貨を乗せて呪文を唱えた。するとたちまちあなたの手首の回りに目に見えない直径1mほどの金属製の盾が現れる。これで鉄板焼きができる…ところであなたが今使った硬貨は次のうちどれに当てはまるだろうか?
一円玉なら2−Aへ。
それ以外なら2−Bへ。

2−A 最初のうちは何も問題なかったが、しばらく使っていると、あろう事か鉄板(アルミ板)が脆性を示してしまい、グニャリと曲がってしまった。運勢ポイントを1減らせ。

2−B あなたは鉄板焼きを満喫した。体力ポイントを2増やせ。

 雨が降ってきたのであなたはとっさに近くのコンビニに駆け込んだ。ビニールがさが一本400円で売っているが、金貨で盾を作りそれを傘がわりにして使えば安上がりだ…と思いきや、あなたの小銭入れには500円玉しか入っていなかった。…あなたは黙って傘を買った。

 あなたは手の甲に金貨を乗せて呪文を唱えた。するとたちまちあなたの手首の回りに目に見えない直径1mほどの金属製の盾が現れた。突進してくる牛から身を守れる。

 あなたは手の甲に金貨を乗せて呪文を唱えた。するとたちまちあなたの手首の回りに目に見えない直径1mほどの金属 製の盾が現れた。これで60km/hで迫りくる列車から身を守れる…はずもなかった。金属製の盾も、あなたの体も軽々と吹き飛ばされてしまった。あなたの 冒険は終わった。

5…リベンジ篇 あなたは迫りくる列車から今度こそ身を守るためにWALの呪文を唱えた。金属製の盾よりも遥かに強固 な魔法の壁があなたを包む。列車が激突しても魔法の壁はビクともしない…が、壁にぶつかった衝撃で列車が脱線してしまった。死者9名、負傷者51名を出す 悲惨な事故だ。あなたは罪を問われ、当然のごとく死罪となった。電気イスに腰をかけたところで、あの時列車に向けてFIXを使えば良かったのにと気付いた。

DOP



 あなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。━…本当にこの家に盗みにはいるのか?入るなら1−Aへ、やめておくなら1−Bへ。
1−A…運試しをせよ(あなたの運点は10だ)。
吉と出たらあなたはこの家のなかで一番価値のある宝石━金貨100枚相当の━を手にいれる。凶と出たら━続きは署で聞こうか。
1−B…なるほど。それもいいだろう。今後は真面目に生きるように。

 あなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。…わざわざトイレで用をたしているときにこの呪文を唱えるとは!あなたはあられもない姿を晒してしまった。運点を0まで下げよ。

 あなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。ところがこのドアは自動ドアだったのだ。とんだ体力の無駄使いをしてしまったようだ。運点を1下げよ。

 あなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。…あなたは意を決して10年間開かずの間だっ た部屋の中に入った。部屋の奥の方にはドアがひとつある。そのドアに向かってあなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。あなたは 10年間開かずの間だった部屋の奥にある開かずの間に入った。部屋の奥の方にはドアがひとつある。そのドアに向かってあなたは呪文を唱えた。あなたの目の 前のドアが音も立てずに開いた。あなたは10年間開かずの間だった部屋の奥にある部屋の奥にある部屋に入った。部屋の奥にはまたドアが……

 あなたは呪文を唱えた。あなたの目の前のドアが音も立てずに開いた。金庫の中身は━金貨だ!この金庫は無限に金貨を産み出す魔法の金庫だったのだ。あなたの所持金はこれ以降∞になる。しかし、これは果たして幸せなことなのだろうか?

RAZ



 あなたは呪文を唱えた。すぐさま効果があらわれ、包丁の刃が鋭くなり、気分よく料理ができる。ここで運だめしをせよ。吉と出たら何も起きないが、凶と出たら手が滑ってしまい、人指し指を軽く切ってしまう。体力点と運点を1減らせ。

 あなたは呪文を唱えた。すぐさま効果があらわれ、斬鉄剣がギラリと妖しく光る。ついにコンニャクが切れるようになったのだ。原技術点を1増やし、さらに技術点を新しい原技術点まで回復させろ。

 あなたは呪文を唱えた。すぐさま効果があらわれるが、バターナイフの切れ味を鋭くしたところで、あなたが特をするわけがない。運点を1減らせ。

 あなたは呪文を唱えた。すぐに短剣の鋭さが増す。これを目の前の6つの穴のいずれかにさすこと。サイコロを二回振 れ。一回目に出た目があなたが短剣をさした場所を示し、二回目に出た目は黒ひげの発射スイッチの一を示す。一回目に出た目と二回目に出た目が一致したら、 黒ひげが発射され、あなたは死ぬ。そうでなければ金貨120枚を受け取り、ここを離れよ。

 あなたは呪文を唱えた。しかし、この魔法をもってしても、剣の錆はとれない。運点を1減らせ。

SUS



…あなたは呪文を唱えた。……しかし何も起こらない。恋人と仕事どちらをとるかという大事な選択を魔法任せにするな、というお告げだろう。運点を1減らし、自分でどちらをとるのか決めろ。

 あなたは呪文を唱えた。……どうやらこのままの暮らしを続けていくと5年後には9割以上の確率で糖尿病になるようだ。今すぐ生活を改善せねばならない。このことに気づけたので運点を1増やせ。

 あなたは呪文を唱えた。……何ということだ!今から5分後に今あなたが立っているところに半径10mほどの隕石が ふってくるようだ。体力点が8以上あればZEDを唱えて安全な場所まで移動せよ。体力点が5以上7以下ならWALの呪文で身を守れ。体力点が2以上4以下 ならWOKの呪文に一縷の望みを託すしかない。体力点が1ならあなたの冒険は終わる。

 あなたは呪文を唱えた。……目の前の男はどうやらあなたを騙そうとしているらしい。それでもこの男の言うとおり、この絶対に儲かるという話に乗るなら、男に所持金を全部預けて4−Aへ。自分の直感に従い、話に乗らないなら4−Bへ。

4−A サイコロを3個振れ。出た目の合計が3なら4−A−1へ。3以上なら4−A−2へ。

4−A−1 彼はあなたを騙そうなどとはしていなかったのだ。目の前にうず高く積まれた金貨がそれを証明している。預けた金貨は216倍になって帰ってきた。日常記録用紙に書き込んでおくこと。

4−A−2 騙された!男に預けた金は二度と戻ってこない。

4−B 賢明な判断だ。運点と体力点を1ずつ増やせ。

 あなたは呪文を唱えた。……やはりこの卵はもう腐っている。いや、卵だけでなく、いま冷蔵庫にあるほぼ全ての食糧が腐っている。日常記録用紙から食料を全部消しておくこと。運点を3点減らせ。これからはもっとこまめに冷蔵庫の掃除を行わなければならない。

SIX



 あなたは呪文を唱えた。たちまちあなたの分身が五体現れる。これで手っ取り早く仕事が進む…と思いきや、分身はあなたと同じ動きしか出来ないため、仕事の能率は上がるどころかかえって落ちた。六人で一枚の書類を仕上げるのは、大変効率が悪い。

 あなたは呪文を唱えた。たちまちあなたの分身が五体現れる。
友人「いや、確かに今度の合コンは7対7でやるっていったけどさ…お前が六人もいてどうするんだよ…」そりゃそうだ。早く術を解いて友人に片っ端から電話をかけろ。

 あなたは呪文を唱えた。たちまちあなたの分身が五体現れる。…あなたはたちまち六つ子として
有名になり、テレビの取材まで受けて一躍時と人となった。しかしその一方であなたは罪悪感にさいなまれることになった。運試しをせよ(あなたの運点は9 だ)。凶と出れば魔法を使っていたことがばれてしまい、世間からさんざんバッシングを食らい、テレビ局に裁判を起こされて敗訴になり、所持金がなくなる。 吉と出たらメッキのはがれる前にあなたのブームが去る。あなたはブームで小金(金貨40枚相当)を稼いだ。

 あなたは呪文を唱えた。たちまちあなたの分身が五体現れる。
観客「なあ…あっちのチームのゴールキーパー多くないか?」
観客2「そうだな…」
…当然、あなたのチームは反則負けとなる。

 あなたは呪文を唱えた。たちまちあなたの分身が五体現れる。現在のあなたの人数は、あなた本体を含めて6人だ。続 いてその6人が同時に呪文を唱えると、あなたは36人になった。もう一度唱えると216人、さらにもう一度唱えると1296人、7776人、45536 人………そろそろやめろ。

Tweet


ゲームブックのトップに戻る

トップページに戻る