ZAP



 あなたは呪文を唱えた。すると貴方の指先から強力な稲妻が発射された…のだが、あなたは手をしっかりと握っていたため、その稲妻はあなたの手の平に直撃してしまった。体力ポイントを8減らせ。

 あなたは呪文を唱えた。しかし稲妻は全てあなたが外し忘れていたゴム手袋に吸収されてしまった。

 あなたは呪文を唱えた。灰色の大都会の空をあなたが打ち出した雷が切り裂く。昨今の異常気象の原因があなただとはまだ誰も知らない。

 あなたは呪文を唱えた。あなたが発した電撃は見事電柱の上にいたカラスに命中した。他のカラスはその様子を見て怯えてしまい、どこかに飛んでいってしまった。町の厄介者を追い払ったので英雄点に1を加えろ。また、烏の屍肉が食べられると思うなら持っていってもよい。

 あなたは呪文を唱えた。あなたの撃った稲妻は狙った的を大きく外れ、近くを通っていたみしらぬ車椅子の老婆の膝に 命中した。老婆は車椅子ごと転倒し、地面に突っ伏した。慌ててあなたが駆け寄ると…彼女はなんと自らの足で立ち上がったではないか!どうやらいまのショッ クで奇跡的に足が治ってしまったみたいだ。運点を3増やせ。

HOT


FOF



 あなたが呪文を唱えると、目には見えないが周りに強力な力場が現れた。これで安心、と思った10分後、あなたは倒れた。
。空気が入らなくなるほど完全に密閉してしまうのはやはりまずかったようだ……

 あなたが呪文を唱えると、あなたの周りに目に見えない力場が発生した。この力場のお陰でこんな季節でも蚊に刺されないですみそうだ。この魔法を蚊帳がわりに使うのは少々もったいない気もするが…ともかく体力点を4減らし運点を1上げよ。

 あなたが呪文を唱えると、あなたの周りに目には見えない強力な力場が発生した。この力場はあなたをあらゆる攻撃から守ってくれる。今日は一日この中でじっとしていよう。外に出ても楽しいことなどないのだから……

 あなたが呪文を唱えると、あなたの周りに目には見えない強力な力場が発生した。が、あなたが生み出した力場の大きさは、今いる部屋と全く同じ大きさだったため、部屋においてあった家具やら何やら全てが力場と家の壁に間にはさみつけられてしまった。どうしよう…

 あなたが呪文を唱えると、あなたの周りに目には見えない強力な力場が発生した。この力場の中に入って眠れば、暴漢に襲われる心配をすることなく、安全に野宿ができる。よいアイデアを出したので運点を4、安全に眠れるので体力点を2増やせ。

WAL


 あなたが呪文を唱えると、あなたをぐるりと囲むように目に見えない壁が現われた。この壁は格闘家の拳はおろか戦車の砲撃や建設重機の攻撃ですら防ぐことができる完璧な壁だ。あなたはこの壁を使って絶対に倒れない家を作るが、目に見えない壁を使って家を作っているため外からはあなたの生活が丸わかりとなる。とても恥ずかしいので運点を1引け。

 あなたが呪文を唱えると、あなたの周りには目には見えない壁が現われた。が、この魔法を使った時点であなたの体力点は0になってしまう。あなたは誰にも破ることができない壁の中で、ひとり静かに朽ちていく。

 あなたが呪文を唱えると、あなたの四方に見えない壁が現われた。ゴブリンの放った矢はほとんど全て壁に突き刺さり、残りは力なく地面に落ちる。これであなたはもう安全だと思い込んで、剣を収める。しかし、次の瞬間頭に激痛を感じる。薄れゆく意識の中空を見上げると、イヌワシの大群がこちらに次々と石を落としているのがわかった。4面を囲っただけでは、上空からの攻撃は防げないのだ。あなたの冒険はここで終わる。

 あなたは呪文を唱えると、見えない壁をホームベースの前に作り出す。相手投手の投げた球は勢いよくあなたの元へ向かってくるが、あなたが作り出した壁に阻まれてベースの直前で落下する。あなたは今後いつでも四球が選べる便利屋として、今後このチームで永きに渡り活躍することとなる。運点に2を入れよ。

 あなたは呪文を唱えると、目の前に現われた細長く高い透明の壁を押し倒す。壁の上端はぎりぎりのところでがけの向こう側に届き、見事にがけに橋が架かった。運点と技術点を1増やせ。

まあ、ZENの呪文のほうが消費する体力点も少なくてすむのだが、気が付かなければ幸せだ。

LAW



 あなたは熊に向かって呪文を唱えた。しばらくすると呪文の効果が発揮される。熊を思いのままに動かせるようになっ たあなたは、調子に乗って熊と相撲をとることにした。しかし、熊と右四つがっぷりに組んだところで呪文が解けてしまった。熊に頭を食いちぎられ、あなたの 冒険は終る。

 あなたは自分に向かって呪文を唱えた。しかし何も起きない。このあなたはこの呪文にかかるような人間ではないのだ。運点を一上げよ。

 あなたはゴキブリに向かって呪文を唱えた。あなたはゴキブリを自由自在に操ることができるようになった。あなたは このゴキブリを従えて妻の下に赴く。するとついさっきまであなたに対し高飛車だった妻がゴキブリを恐れてあなたにひれ伏した。が…ここで呪文が切れた。あ なたが従えていたゴキブリはどこかへ散ってしまった。………ここから先はあなたの想像にお任せする。

 あなたはくじらに向かって呪文を唱えた。くじらは一時的にあなたの言うことを聞くようになり、共に戦ってもくれる。くじらの技量ポイントは11、体力ポイントは19。ただし、地上ではくじらの技量ポイントはになる。

 管理人は立ち上がりの遅いパソコンに呪文を唱えた。この呪文のおかげで5分間の間だけパソコンがスムーズに動くようになる。…………………誰かパソ買ってくれませんか。本気で。

DUM



 あなたは呪文を唱えた。すると打席に入っている相手は持っているバットを落とした。あわてて拾い直したが、すぐにまた落としてしまった。これで簡単にストライクを取ることができる。運点を1増やせ。

 あなたは呪文を唱えた。するとあなたのもとにカレーうどんを持ってきた店員はたちまち不器用になり、持ってきた器 をあなたのひざの上に落としてしまった。あなたはやけどを負ってしまったので、体力点を3、技術点を1減らせ。その後、そのお詫びとして金貨4枚を受け取 ることができる。

 あなたは呪文を唱えた。相手はたちまち不器用になり、5八に打とうとしていた飛車を間違えて6八に打ってしまった。これで勝てる、と思いきや、実はこの6八飛がとんでもない妙手だったのだ。相手に5八飛と打たせれば6八金で勝っていたのに…運点を3減らせ。

 あなたは呪文を唱えた。すると彼女は手に持っていた包みを落としてしまった。あわてて拾おうとするがまた落とす。 と、突然、彼女が泣き出してしまった。あなたはあわてて詰め寄り、どうしたのかと訳をたずねる。どうやら彼女が落としてしまった包みには、あなたに渡す チョコレートが入っていたらしい。運点を0まで下げよ。

 あなたは呪文を唱えた。すると手先が不器用になった強盗は手に持っていた包丁を落としてしまった。強盗はすぐさま包丁を拾ったが、すぐにまた落とす。チャンスだ。強盗を捕まえようとするなら5−Aへ。逃げるなら5−Bへ。

5−A…強盗 技術点 4(8) 体力点 9
5回戦うと呪文の効果が切れてしまい、強盗は包丁を持って闘うことができるようになってしまう。その際には()内にある数値を新たな技術点とせよ。
体力点が3以下になると強盗は抵抗をやめる。そうなったら警察に突き出し、英雄点3を得よ。

5−B…勇敢ではないが賢明な判断だ。走って逃げたので体力点を1減らし、助かったので運点を1増やせ。

Tweet


ゲームブックのトップに戻る

トップページに戻る