220-239

220

君は青い錠剤を投げつける。ナンディ熊は迷わずそれに飛びつく。相当腹をすかしていたらしい。ナンディ熊は錠剤を飲み下し、君に再び襲いかかろうとして……突然苦悶の雄たけびを上げる!ナンディ熊はしばらくの間もがき苦んで暴れまわるが、やがて虫の息となる。君はナンディ熊に近づき、剣でとどめの一突きをくれてやる。青い錠剤を持ち物から消すこと。144へ。

221

君は黒い箱の蓋を両手でがばっと開ける。中からは大蛇が飛び出してくる!大蛇は君に考える隙も与えず、君の腕に噛み付く。運試しをせよ。吉と出たら347へ、凶だったら108へ。

222

扉を開けると、耳をつんざくような末恐ろしい絶叫が君の耳に届く!先には混沌の魔物かおぞましい怪物がいるに違いない!君はそれでも恐れずに先へと進むか(217へ)、それとも危険を冒さずにこの扉を閉め、東の扉から出るか(259へ)?

223

君は地面に落ちている血を追って先に進む――まもなく通路は行き止まりになっており、そこに大柄なオーガーが倒れているのを発見する。どうやらこの血は彼のものらしい。オーガーの身長は2メートルを越えているが、いまは体を丸めてうずくまっているためいくらか小さく見える。相当弱っている様子だ。君は剣を構えて慎重にオーガーに近づくか(44へ)、それとも先ほどの十字路に戻って西か(132へ)北へ(95へ)進むか?

224

「なんだ、きさまは、よそ者だな?」巨人は君の挨拶を無視して、長い棍棒で襲い掛かってくる。巨人の一撃は君の肩を掠める。体力点を2減らせ。話が通用する相手ではないので、君は戦うことを選ぶ。301へ。

225

ナンディ熊は非常に強力で獰猛な生物だ。

ナンディ熊 技術点9 体力点10

勝ったら144へ。

226

君は黄土色の錠剤を飲み下す。しばらく待ったが何も起こらない。君はこの後どうしようかと考える。飲んでいなければ茶色の錠剤を試してもいい。(345へ)。そうでなければ入ってきた扉から部屋を出て先ほどの東西に細長い部屋に戻り、銀の扉を試すこと(387へ)。

227

君は未知の液体にそっと足を浸す。痛みなどは特に感じなかったので、君は安心し、ひざまで浸かりながら先に進む。実はこの液体にはわずかながら毒性があるのだが、ひざまでしか使っていないためたいした痛手にはならない。体力点を1点引き、プールから上がって先に進め(131へ)。

228

しばらく待つと、君の心の中に突然、今すぐ死んでしまいたいという意識が芽生える。はじめのうちは小さかった自殺願望は時間を追うごとにどんどん大きくなっていき、やがて君の頭の中は今すぐ死ぬことでいっぱいになってしまう。サイコロを二つ振れ。出た目の合計が君の技術点以下だったら331へ、技術点より大きかった場合は272へ進め。

229

君は宝箱を開ける。中には金貨が一枚と、銀でできた見事な短剣がある。君は金貨をザックにしまう。君は銀の短剣を持っていくか?持って行くならば現在の剣はここにおいていかねばならない。それでも持っていくというのならば306へ。持って行かないなら君は北の扉へと向かう。139へ。

230

君は西へと延びる通路をひたすら突き進む。通路はしんとしていて、君のかつかつという靴音以外には何も聞こえない。通路はしばらくしていると北側に直角に折れている。北側への通路はすぐに終わり、君は行き止まりに突き当たる。君は行き止まりに何か隠されていないかと調べる。379へ。

231

君は東へと続く通路で不意に大柄な洞窟巨人――その名のとおり洞窟で暮らす粗野で乱暴な巨人だ――に遭遇する。洞窟巨人は君を見つけるや否や、棍棒を振りかざし君に襲い掛かってくる!話が通用するような相手ではないと判断し、君は剣を抜いて応戦する。

洞窟巨人 技術点8 体力点10

勝ったら123へ。

232

君が剣を構えて斬りかかると、オーガーは恐るべき生への執着で抵抗してくる!君は戦わねばならない。

オーガー 技術点9 体力点 1

勝ったら244へ。

233

君は金貨を3枚ほど取り出し、これをやるから道を譲ってくれないかと切り出す。骸骨戦士は君の言葉にはまったく耳を貸さず、戦斧を振り上げて君にたたきつける。体力点を2減らせ。君はこの骸骨戦士を買収するのは無理だと判断し、剣で決着をつけようと判断する。141へ。

234

君は二人の洞窟トロールのののしりあいを黙って見守る。醜いののしりあいはやむどころか加熱する一方で、やがて一方の洞窟トロールが脇に差していた棍棒を振り上げる!もう一方が粗末な短剣で応戦する。戦闘はしばらく続き、両者は深く傷ついたが、ついに棍棒を持った洞窟トロールが短剣を持った洞窟トロールのこめかみに致命傷を与える。短剣を持った洞窟トロールは嘲りの言葉を吐きながら絶命する。興奮治まらぬ生き残ったほうの洞窟トロールは、辺りを見回して君を見つけるや否や襲い掛かってくる!君は応戦しなければならない。

洞窟トロール 技術点8 体力点3

幸い、生き残りの洞窟トロールは傷ついているため、勝つのは難しくない。勝ったら9へ。

235

サイコロを二つ振れ。出た目が君の技術点以下ならば、君は川の流れにも押し負けずに無事に川を渡ることができる。135へ。出た目の合計が君の技術点より大きければ203へ。

236

君が赤いタイルを押し込むと、右側でかちりと音がした。君が音のした方を見やると、壁の中から二本の腕が現れて、今まさに君に向けて矢を放とうとしているではないか!運試しをせよ。吉と出たならば君は矢を回避し、無傷で道が2つに行き先が分かれていたところまで引き返し、もう一方の道を行くことができる(163へ)。凶と出たならば、矢は君の右胸に刺さり――先ほど君が見かけた死体の近くに、君の死体が並ぶことになる!

237

君は宝箱の前に陣取り、宝箱のふたに手をかける。これが君の捜し求めていたものだろうか――答えはすぐに出た。君の手が宝箱に触れたとたん、君の体に高圧電流が流れる。君はショックで一瞬にして死ぬ。

238

君は瓶に入った火酒をナンディ熊に向かってぶちまける。ナンディ熊は床にまかれた火酒をなめると、咆哮を上げる。そして前足で地面をドンと踏み鳴らし、君に襲い掛かってくる。君はナンディ熊と戦わなければならない。

ナンディ熊 技術点11 体力点 10

火酒には一時的に力を強くする能力があるため、ナンディ熊はいまや一流の剣士にも匹敵する恐ろしい敵となっている。火酒を持ち物から消すこと。幸運にも勝てたら144へ。

239

君がロープを引っ張ると、突然床がぎしぎしと揺れだす。君は地震かと思い身を沈め、地面に這いつくばって揺れが収まるのをまつ。一分もすると揺れは小さくなり、君は服に付いたほこりを払って再び立ち上がる。ふと床を見ると、先ほどの揺れのせいで大きなひび割れができている部分があるのが目に付く。君はこのひび割れに腕を突っ込んでみるか(250へ)、それとも無視して先に進むか?(88へ)?


自作ゲームブック一覧にもどる

魔王の洞窟に戻る

ゲームブックのトップに戻る

トップページに戻る