魔法使いの丘

今から何世紀も前のこと。そこここには独自の文化を持った土地が幾つも存在していた。カクハバードもその1つだった。幾人もがカクハバードの征服を試みたが、それらは全て失敗に終わり、やがてカクハバードはもっと文明の進んだ周辺の国から追放された邪悪な生き物たちが行き着く吹き溜まりとして知られるようになった。

フェンフリーの改革王、シャランラが王たちの冠を発見してから、カクハバード以外の一帯には文明と秩序が行き渡った。しかしシャランラは、この持ち主に類稀なる統率力と判断力を与える冠をもって己の野心を満たすような人物ではなかった。彼の願いは、隣り合った王国の王たちにこの冠を貸し出してその国に秩序と安定をもたらし、フェンフリーと友好関係を保てる民族国家とすることだった。ラドルストーンが、レンドルランドが、ギャランタリアが、ブライスがフェンフリー同盟に加わり、王たちの冠によって秩序と安定を授かった。アナランドの王も荘厳な儀式のうちに王たちの冠を授かり、ここ二アナランドの反映は約束された。他国同様に平和と秩序が持たされるものだと、誰もが思っていた。

冠がなくなっていることに最初に気がついたのは、アナランド王だった。ザメン地帯のバードマンの手によって盗まれてしまったのだ。バクランドからの知らせによれば、王たちの冠を手に入れんとしているのはカクハバードの征服をたくらむマンパンの大魔王だという。

内乱が続くカクハバードは今のところ周辺国にとって大きな脅威ではないが、もし王たちの冠によって統一されるようなことが在れば周辺国にとっては一大事である。この危機に立ち上がったのがあなただ。あなたの目的はマンパンの砦にたどり着き、王たちの冠を奪還することだ。いつ終わるとも知れないあなたの長い旅が今は始まろうとしている……

本作品は名作として名高いソーサリーシリーズの記念すべき第一作目となっています。第一作目なだけあって、主人公が行く町は比較的平和で秩序が保たれている所が多く、これ以降の作品と比べれば難易度は低めです。身の振り方さえ間違えなければ、本作品の最終舞台であるトレパーニ村にたどり着くところまでは何とかなることも多いです。

と言ってもその辺はさすがソーサリーシリーズ。ちょっと油断して間違った道を言ったりするとあっさり死にます。中には運試しに成功すると死が確定する(失敗した場合はリーブラを呼べば助かる)ようなルートもあるので、あまり運に頼りすぎるのは禁物です。黒いロータスの花畑には、近づかないほうが無難です。首狩族の仕掛けた罠にも注意が必要です。ガザ・ムーンアリアンナと言った魔女どもも、油断ならない存在です。

また、本作品での振舞いは第2巻「城砦都市カーレ」以降での旅の難易度に大きな影響を与えます。これからの冒険を少しでも楽にしたいのならば、丘を越えるまでに魔法の媒体を手に入れておくことはもちろん、いろいろな人と有効な人脈を築いておくことも大事です。あまり守りに入りすぎると、後々苦労することになります。王たちの冠で劇的な再開を果たすことになる、ミニマイトのジャンも今巻で登場します。こいつは主人公の使う魔法をほとんど全て無力化してしまうというとても厄介な生き物で、魔法使いにとっては単なる害虫以外の何者でもありません。追い払うチャンスがあったら遠慮なく追い払うようにしましょう。

 
挿絵の1つ。なぜこの老人はすごく嫌そうな顔をしているのか?

また、ゲーム序盤で持ち物が少ないということもあり、媒体を必要とする魔法は空振りに終わることも多く、またプレイヤーを惑わす偽の呪文も多いです。魔法を使う前には必ず何が必要か、またその呪文は実在するものなのか、もう一度頭の中で反芻したほうがいいでしょう。特に偽の魔法は選んでしまうと体力ポイントを大幅に削られてしまいます。もともと体力が減りやすく、そのわりに回復させにくいこのゲームで体力ポイントを無駄遣いすることは自殺行為に等しいことなので、気をつけましょう。

本作品のいわゆるラスボスに位置づけられているマンティコアは、4部作でも有数の強敵です。まともに戦ったら、よほど運がよくない限りはあっさりと殺されてしまうでしょう。とはいえ、主人公がマンティコアと戦う理由はあくまでトレパーニ村の酋長から囚われの娘を助けてくれと依頼されたためであり、娘さえ助け出せば別にマンティコアを倒す必要はありません。うまく魔法を駆使して戦えば、マンティコアとの直接対決を避けつつトレパーニ村の酋長の娘を助けることも可能です。主人公の目的はあくまでも王たちの冠の奪還。1つしかない命で無理にマンティコアと戦う必要などありません。最低限のリスクでいかに最大限の利益を得るか、魔法使いとしての腕の見せ所といえるでしょう。

ゲームをクリアするコツとしては、あまり最初から48個の魔法を全ておぼえようとしないほうがいいでしょう。最初はSIXやWAL、HOTなどの覚えやすい(つづりから効果を予測しやすい)魔法を重点的に覚えていったほうが、かえってスムーズにクリアできると思います。

Tweet


ゲームブックのトップに戻る

トップページに戻る